TJカゴシマの生活応援サイト

Event

古薩摩と古琉球焼展

古薩摩と古琉球焼展

14世紀から16世紀にかけて、貿易の中継地であった琉球王国には多くの文物が集まり、特に陶磁器は目を見張るものがあった。17世紀初頭、島津氏により薩摩藩の支配下に置かれたこともあり、薩摩焼と古琉球焼、また2つの途中に位置する種子島の能野焼は密接な関係だった。今回はそれぞれ、時代の優れた作品を展示し、その関わりや影響を探っていく。

基本情報

イベント名古薩摩と古琉球焼展
開催日 ~2017年10月29日(日)
開催時間10:00〜16:00
会場名児玉美術館
会場住所鹿児島市下福元町8251-1
電話番号099-262-0050
駐車場あり 30台
入場料金一般500円、高大生300円、小・中学生200円(常設展も観覧可)
イベント専用URLhttp://www.kodama-art-museum.or.jp/
鹿児島市下福元町8251-1

ページトップへ戻る