地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

townnews

南大隅町が舞台!映画『きばいやんせ!私』がクランクイン。ヒロイン・夏帆&武監督からのコメントが到着しましたよ

南大隅町が舞台!映画『きばいやんせ!私』がクランクイン。ヒロイン・夏帆&武監督からのコメントが到着しましたよ

映画『きばいやんせ!私』
  • エンタメ

第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表にも選ばれた大ヒット作『百円の恋』の武正晴(監督)、足立紳(脚本)の名コンビによる最新作『きばいやんせ!私』。2019年初春公開予定のこの映画は、将来を見失っていたテレビアナウンサーが町の奇祭を取材する過程で成長していく様を描いたヒューマン・コメディ。

舞台となるのは、鹿児島!本土最南端の南大隅町です。

ヒロインを演じるのは『海街diary』(2015)『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』(2017)そして2018年5月に公開される『友罪』と秀作、話題作の出演が続く夏帆さん。
相手役には『南瓜とマヨネーズ』(2017)、2018年5月公開の『海を駆ける』に出演の太賀さんがキャスティングされています。

本作でアナウンサーを演じるにあたり、現役のアナウンサーから指導を受けて、喋りを勉強するなど役のベースを作り、鹿児島入りをした夏帆さん。KKB鹿児島放送のスタジオを使ってクランクインに臨みました。

(C)2018「きばいやんせ!私」製作委員会

以下、ヒロインを演じる夏帆さんと、武正晴監督からクランクインを迎えてのコメントです。

【夏帆】
「足立紳さんの素晴らしい脚本のもと、とても魅力的なスタッフ、キャスト陣が集まりました。誰よりも揺るぎなく、最前線を全力で駆けていく武監督。(ついていくのに必死です)素敵な映画になりそうな予感がひしひしとしています。南大隅という町の大らかさのなかで、土地の力を借りて、のびのびと演じてゆけたらと思っています。」

【武正晴監督】
「桜島に迎えられながらのクランクインが嬉しい限りです。もう何日も一緒に撮影しているかのような、夏帆さん演じる貴子が嬉しいのです。南大隅という土地でのスタッフ、キャストとの共同作業は、夢のような日々となることだと確信しています。主人公貴子同様、この映画がどの様に変貌して行くかがとても楽しみです。精一杯奮闘します」

 

 

南大隅町の大自然や文化が、どのように描かれるのか、今から楽しみですね〜。公開は2019年初春、ワクワクしながら待ちましょう。詳しい情報は公式HPやTwitterでチェックしてみてください。

公式HP http://is-field.com/kibaiyanse/
公式Twitter  https://twitter.com/kibaiyanse_m

 

  • ストーリー
    東京でTVの女子アナウンサーをしている貴子は、都会での競争や色恋沙汰に疲れ、将来を見失っていた。そんな時に、幼い頃に過ごしたことのある南大隅町と伝統行事である御崎まつりの取材を命じられる。
    嫌々ながら南大隅町に赴きおざなりの取材を続けていたが、町を必死に盛り上げようとする役場の職員たち、畜産業を守る同級生、食堂で働く人、御崎まつり存続のために奮闘する町民たちと触れ合う中で、仕事との向き合い方や人間らしく生きることについて考え始める。
    少しずつ自分自身と元気を取り戻した貴子は、本気で取材に取り組み始め、南大隅町の文化を伝えることに使命感を覚えるようになる。
  • 出演
    夏帆 太賀 岡山天音 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 榎木孝明 伊吹吾郎

©2018「きばいやんせ!私」製作委員会
2019年初春公開予定

 

<text あんこ34 人生で2度「一人映画」したことあります>

2018年3月現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけ下さい。

ページトップへ戻る