TJカゴシマの生活応援サイト

townnews

ガーデンズシネマで『平和を祈る映画特集』6作品上映。

ガーデンズシネマで『平和を祈る映画特集』6作品上映。

ガーデンズシネマ
  • イベント

8月15日は終戦記念日。隠れた名作を発掘上映してくれて映画ファンに人気のガーデンズシネマでは、戦争を体験していない人たちにこそ、その悲惨さと愚かさについて真剣に考えてもらいたいという【平和を祈る映画特集】を実施、8/5(土)から平和がテーマの6つの個性ある作品を次々上映します。平和について考えるいい機会にしてくださいね。


(1)『ヒロシマ、そしてフクシマ』
8/5(土)~7(月)の3日間限定
●広島に原爆が投下された1945年8月6日以来、被爆者の治療や反核活動を続けてきた96歳の肥田舜太郎医師の闘いを追ったドキュメンタリー。「核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝」で知られるフランス人監督マーク・プティジャンが再び肥田医師に密着し、福島原発事故の被災者たちが暮らす町での活動や、沖縄での講演会の模様を取材。平和で核のない日本の未来を願う肥田医師が、歴史から何も学ぼうとしない体制に向けて警鐘を鳴らす姿を映し出します。昨年12月に亡くなった肥田医師の追悼上映です。

(2)『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』
8/5(土)~11(金)の1週間限定
●第2次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町を舞台に、戦地に向かった父と8歳の息子の絆を描きます。町の誰よりも背が低く「リトル・ボーイ」とからかわれていた8歳のペッパー。徴兵検査に引っかかった兄の代わりに戦場へ借り出されてしまった大好きな父親をなんとかして戦場から呼び戻すことを固く決意したペッパーは、すべて達成することができれば願いがかなうリストを司祭から授けられ、父親奪還大作戦に向けて動き出す…。主人公ペッパー役に演技経験がほとんどないジェイコブ・サルバーティが抜擢。ペッパーの母親役をエミリー・ワトソン、司祭役をのトム・ウィルキンソンがそれぞれ演じます。監督はメキシコ出身のアレハンドロ・モンテベルデ。

(3)『追憶TSUIOKU』
8/6(日)~13(日)の1週間限定
●太平洋戦争の激戦地・ペリリュー島の戦いを、様々な資料や証言から「追憶」として記録したドキュメンタリーです。南太平洋パラオ諸島に浮かぶペリリュー島。1944年9月、この美しい島で70日にも及ぶ激戦が繰り広げられ、日米合わせて1万人を超す命が散りました。あまりにも過酷な戦いだったために、日米ともにあまり語れられることのなかったこの戦いを、米国防総省などに保管された映像、NHKなどに残る貴重な資料、ペリリュー島の戦いで生き残った元日本兵、アメリカの元海兵隊兵士、島民のインタビューなどから検証していきます。監督は小栗謙一。美輪明宏がナレーションを担当。

(4)『STOP』
8/9(水)~11(金)の3日間限定
●「嘆きのピエタ」などで知られる韓国の鬼才キム・ギドクが、福島第一原発の事故を背景に、若き日本人夫婦の葛藤を描いた社会派ドラマ。キム・ギドク自らが来日して監督・撮影・照明・録音の全てをひとりで担当して完成させ、その衝撃的な内容が世界各地の映画祭で物議を醸した話題作です。あの日、メルトダウンを起こした福島第一原発から5キロ圏内に住んでいた若い夫婦は東京に移住するが、妊娠中の妻は放射能が赤ん坊に与える影響に怯え、正気を保てなくなっていく。ある日、彼女の前に謎の役人が現われ、強引に中絶を迫る。写真家の夫は妻を安心させるため、かつてと変わらぬ美しい自然や動物たちを撮影しようと福島へ戻るが、そこで驚くべき光景を目の当たりにする。

(5)『この世界の片隅に』
8/12(土)~8/18(金)の1週間限定
●第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描いたアニメーション映画です。能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優に初挑戦した話題作です。公開後は口コミやSNSで評判が広まり、15週連続で興行ランキングのトップ10入り。第90回キネマ旬報トップテンで「となりのトトロ」以来となるアニメーション作品での1位を獲得するなど高く評価され、第40回日本アカデミー賞でも最優秀アニメーション作品賞を受賞。国外でもフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門で審査員賞を受賞しました。
この作品は、親子で観ていただきたいと、親子料金があります。詳細は劇場へお問い合わせを。

(6)『野火』
8/14(月)〜15(火)の2日間限定
●1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説が、塚本晋也の監督、脚本、製作、主演によりリメイクされた作品です。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧不足を理由に田村の入院を拒絶。再び舞い戻った部隊からも入隊を拒否されてしまう。空腹と孤独と戦いながら、レイテ島の暑さの中をさまよい続ける田村は、かつての仲間たちと再会する。戦場という異常な空間で極限状態に追い込まれた人間たちがリアルに描かれます。リリー・フランキー共演。

鹿児島市エリア
  • 天文館周辺
電話番号099-222-8746
住所鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ7F
鹿児島市呉服町6-5マルヤガーデンズ7F

ページトップへ戻る