地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

Event

冬の所蔵品展 特集:巨匠たちの腕くらべ「雪景色」

冬の所蔵品展 特集:巨匠たちの腕くらべ「雪景色」

雪の少ない南国鹿児島だが、所蔵品の中には巨匠たちが描いた雪景の名品がある。大河ドラマ「西郷どん」にも使われた木村探元の《雪景山水図》をはじめ、黒田清輝の《雪景》、海老原喜之助の《樵夫と熊》、橋口五葉の《京都三条大橋》などだ。日本画、洋画、版画など、各ジャンルで活躍した作家たちが描いた雪景色を一挙公開。

基本情報

イベント名冬の所蔵品展 特集:巨匠たちの腕くらべ「雪景色」
開催日 ~2019年1月20日(日)
開催時間9:30〜18:00(入館は〜17:30)
注意事項など

【休館】月曜(祝日の場合は開館、翌平日休)、12/29〜1/1

会場名鹿児島市立美術館
会場住所鹿児島市城山町4-36
電話番号099-224-3400
駐車場あり 7台
入場料金一般300円、高校・大学生200円、小・中学生150円
2018年11月、現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけください。

ページトップへ戻る