地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

Event

古墳時代の鹿児島市 食ウ寝ル処に住ム処

古墳時代の鹿児島市 食ウ寝ル処に住ム処

鹿児島市内では毎年のように発掘調査が行われ、市内各地でさまざまな時代のいろいろな遺跡が発見されている。
今回の企画展では、初めての展示となる甲突川上流域の枦ヶ丸遺跡(郡山町)、永田川流域の堂園遺跡(上福元町)、桜島の裾野で見つかった改新貝塚(古里町)を中心に、これまで発掘調査を行ってきた古墳時代の遺跡の出土品を一堂に展示する。
それぞれの遺跡の出土品に見え隠れする遺跡の物語をご覧あれ。

基本情報

イベント名古墳時代の鹿児島市 食ウ寝ル処に住ム処
開催日 ~2019年6月16日(日)
開催時間9:00〜17:00
注意事項など

【休館】月曜(祝日の場合は開館、翌平日休み)

会場名鹿児島市立ふるさと考古歴史館
会場住所鹿児島市下福元町3763-1
電話番号099-266-0696
駐車場あり
入場料金入館無料(常設展示は高校生以上300円、小・中学生150円)
イベント専用URLhttp://www.k-kb.or.jp/koukokan/
2019年3月、現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけください。

ページトップへ戻る