地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

Event

【上野原縄文の森】第59回企画展「海と活きた古代人」〜旧石器時代から弥生時代の鹿児島〜

【上野原縄文の森】第59回企画展「海と活きた古代人」〜旧石器時代から弥生時代の鹿児島〜

種子島に所在する立切遺跡(中種子町)や横峯C遺跡(南種子町)の発掘調査成果から、古代人は約3万5年前には鹿児島で生活していたことがわかってきていて、その渡来については海とのかかわりを指摘する考えもある。
また、縄文時代から形成される貝塚の出土品から
海の恩恵を受け海とともに活きていることもわかってきた。
今回の企画展では、古代人と海とのかかわりに焦点を当て、関連する旧石器時代から弥生時代の考古資料を紹介する。

基本情報

イベント名【上野原縄文の森】第59回企画展「海と活きた古代人」〜旧石器時代から弥生時代の鹿児島〜
開催日2020年11月21日(土)~2021年3月7日(日)
開催時間9:00〜17:00(入館は〜16:30)
注意事項など

月曜が祝日の場合は開園、翌日休み

会場名上野原縄文の森
会場住所霧島市国分上野原縄文の森1-1
電話番号0995-48-5701
駐車場あり 450台
入場料金大人320円、高・大学生210円、小・中学生150円
イベント専用URLhttps://www.jomon-no-mori.jp/jomon-no-mori
2021年1月、現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけください。

ページトップへ戻る