地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

Event

ポスター展「#Herelstand 我ここに立つ ーマルティン・ルター、宗教改革と それがもたらしたもの」

ポスター展「#Herelstand 我ここに立つ ーマルティン・ルター、宗教改革と それがもたらしたもの」

 今から500年前の1517年の10月31日、当時宗教学教授であったマルティン・ルターがヴィッテンベルクの城内教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられている。このヴィッテンベルクの「論題の提示」は宗教改革の始まりと位置づけられている。その後に続く広範な宗教的、文化的、政治的な結果を見れば、ルターの宗教改革は宗教上だけでなく、世界史にその名を刻む文化史的大事件と言える。本展では30枚のパネルでルターの宗教改革の経緯と結果、その影響を紹介する。

基本情報

イベント名ポスター展「#Herelstand 我ここに立つ ーマルティン・ルター、宗教改革と それがもたらしたもの」
開催日 ~2017年12月26日(火)
開催時間9:00~21:00(土・日曜、祝日は10:00~18:00)
会場名鹿児島大学附属図書館
会場住所鹿児島市郡元1-21-35
電話番号099-285-3564
駐車場なし
入場料金入場無料
2017年12月、現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけください。

ページトップへ戻る