地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

特集 『鹿児島 (かごんま) の 耳より』

ベルハウジング霧島店

7/4(土)~8/2(日) 七宝・彫金 本村工芸美術研究所展「重層 ーかさなりゆく時ー 」

 

ベルハウジング霧島店(イオン隼人国分ショッピングセンター1F)のギャラリースペースにて、7月展示「七宝・彫金 本村工芸美術研究所展 重層 ーかさなりゆく時ー」を開催。作家作品の展示のほか、期間中はギャラリートークなども実施されるので、ぜひ足を運んでみて。

 

株式会社ベルハウジング霧島店 GALLERY
7月展示 「七宝・彫金 本村工芸美術研究所展 重層 ーかさなりゆく時ー 」
会期:7月4日(土)~8月2日(日)
時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜
会場:株式会社ベルハウジング霧島店
霧島市隼人町見次1229(イオン隼人国分ショッピングセンター1F)
電話:0995-42-8238

 

【期間中同時開催のイベント】
◆学び舎 松鈴-文化- 「Gallery talk 三世代 かさなりゆく想い」
7月23日(木・祝) 14時~16時
講師:久冨木原 睦美 ・妙 

 

【本村工芸美術研究所 歴史 】
日本伝統工芸:七宝・彫金によるオリジナルアクセサリーや工芸品の制作・販売、及び講師も兼務。 親子三代続く鹿児島で唯一の本格的な七宝工房。

1952年…本村宗睦が県工業試験場の指導教官を経て独立、本村工芸を創業。 木工、染色、彫刻、竹工芸などで建具や特産品を生産、販売。
1967年…七宝、彫金を取り入れた作品制作、販売を開始。同年、七宝教室を開設、県下の美術教師の七宝指導を行う。
1988年…七宝技法書「七宝事典」を木耳社より出版。制作時間、約8年をかけて執筆。
1989年…「七宝事典」が南日本出版文化賞を受賞、各地で個展を行う。
2003年…宗睦の急死により、妻の幸子がアトリエを継承。長女の睦美、孫の妙が神奈川より帰郷、七宝を学び始める。
2013年…現在地に新工房建設、営業開始。
2016年…ジュエリー技術を取り入れた、アクセサリー商品の制作・販売を本格的に開始。
2019年…日本橋髙島屋「手仕事展」に出展。幸子の死去により、長女の睦美が事業継承。 

 

◆作家プロフィール◆

ジュエリー作家 久冨木原 妙 (くきはら たえ) 

2003年宗睦の急死により祖母や祖父の弟子から学び始める
2010年額絵制作の傍ら、より身近なジュエリーの制作を始める。 名古屋市の首藤治氏(2015年黄綬褒章受章)の元で ハイジュエリー彫金の勉強を開始。
2016年七宝・彫金アクセサリーのオリジナルブランド「Tae K.」を立ち上げる。
2017年台湾のジュエリー雑誌「球寶世界 Jewelry World」に掲載される。
2018Tae K. Jewelry展(ギャラリービーンズ花月)2年連続個展開催。 

<公募展歴> 
2011年7月第20回MBCハンドクラフト展入選 彫金額「ぶどう」七宝額「雨に煙る」
2013年5月第60周年県美展入選。 水墨画風七宝額絵「沖いるが如く」
2013年7月第45回日本七宝作家協会展に入選。 七宝額絵「生命の泉 エンデに寄せて」
2014年5月第46回日本七宝作家協会展入選。 七宝額絵「沙羅 舞」
2014年5月第61回県美展入選。 七宝額絵「沙羅 遊泳」
2014年10月第27回MBCサムホール美術展入選。 七宝額絵「光る君」 

 

◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇-◆-◇

 

七宝講師 久冨木原 睦美 (くふきはら むつみ) 

1970~1976年お茶の水女子大学・大学院にて柳宗玄(民芸運動の創始者、柳宗悦の次男)に師事。 美術史:工芸美学を学ぶ。
2003年
宗睦の急死により、娘の妙と共にアトリエを継承。 各地公民館や女性学級で普及活動に取り組む傍ら、 七宝・彫金展を毎年開催。 

Share

    DATA

  • 店名ベルハウジング霧島店
  • 電話番号0995-42-8238
  • 住所霧島市隼人町見次1229(イオン隼人国分ショッピングセンター1F)
  • 営業時間10:00~19:00
  • 定休日毎週水曜
2020年6月、現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけください。

ページトップへ戻る